毎日飲むだけ!杜仲の利尿効果がメタボを撃退

毎日飲むだけ!杜仲の利尿効果がメタボを撃退

不要なものは「溜めない」が正解!


ダイエットや美容の天敵、「老廃物」。よく耳にする言葉ですが、実際はどんなものかご存知ですか?人間の体は代謝によってエネルギーが作られますが、その時に「アンモニア」「二酸化炭素」「腸内細菌の死骸」「未消化の食物のカス」「垢」「皮脂」など、体に不要なものも生まれてしまいます。これが老廃物の正体。大半は汗や尿と一緒に体外へと排出されますが、加齢とともに代謝が落ちるので、どうしても老廃物は体内に溜まりやすくなってしまいます。老廃物が溜まると、それがさらに老廃物の排出を妨げるという悪循環。老廃物を排出するためには、汗をかき、尿や便をしっかりと出すことがもっとも大切なんです。


もう中性脂肪やコレステロールで悩みたくない。


杜仲倶楽部で以前からお伝えしているように、杜仲茶には利尿作用があります。尿を排出すると、血液中の水分が減り血液量が減るので、血圧が下がります。さらに杜仲の葉に含まれる健康成分ゲニポシド酸が体内に吸収されることで、副交感神経という自律神経系に作用し、動脈の筋肉(平滑筋)に働きかけて血圧をより低下させるんです。中性脂肪やコレステロールの抑制には血圧を下げることが効果的なんです。老廃物をしっかり出して血圧を低下させる杜仲茶は、悩めるアナタの強い味方になってくれます!


内臓脂肪を減らしてメタボにさよなら!


蓄積された内臓脂肪のほとんどは中性脂肪。中性脂肪を減らせば、内臓脂肪も自然と減らせるわけです。前述の通り、杜仲茶の利尿作用と中性脂肪の抑制が効果を発揮するのは実験で立証されているので、飲むことで中性脂肪とともに内臓脂肪を減らすことも期待できます!実際に実験で、ある一定期間、杜仲茶を飲んだ10名中、7名に内臓脂肪面積の減少が確認され、内臓脂肪面積は平均9.0 cm2減少しました。

内臓脂肪を減らしてメタボにさよなら!
メタボ解消には内臓脂肪を減らすことが何よりも大切です。老廃物を排出し、中性脂肪やコレステロールを抑えることで、内臓脂肪を減少させる杜仲茶。メタボ解消にも効果が期待できるから、現代人の多くが悩む生活習慣病対策としても効き目ありでは!?



ページトップへ戻る