やっと見つけた!むくみ解消の鉄板ルール!

やっと見つけた!むくみ解消の鉄板ルール!

シンプルな習慣の積み重ねが体を変える!


朝起きると顔がパンパン、1日の終わりの足は極太...。そんな、多くの女性の悩みである「むくみ」。「いいかげん、なんとかしたい!」そんな思いでこのサイトにたどり着いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
インターネットで「むくみ」や「むくみ・解消」を検索すると、さまざまな情報が出てきますが、あまりに多すぎて、結局どうすればいいのか具体的な解決方法に繋がりにくいですよね。 そこで今回は、むくみ解消のための簡単なルールをご紹介。とってもシンプルですので、ぜひ習慣化して、この春むくみを解消しちゃいましょう!


ポイントは温めと排出。朝昼夜のむくみ解消ルーティーン



ポイントは温めと排出。朝昼夜のむくみ解消ルーティーン



むくみの原因の多くは「冷え」と「水分の取りすぎ」ですので、「温め」と「排出」の2つでアプローチします。やり方は簡単。朝・昼・夜に【温】と【排出】に効果的な習慣を取り入れるのがポイント!まずは2週間、やってみましょう。

- 朝 -
【温/排出】朝食にリンゴ入りのホットヨーグルトを食べる
【排出】食後か食中に杜仲茶を飲む。

乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトはお通じを良くして、老廃物の排出を促進しますが、冷たいままだと体が冷えてしまうという難点も。そこでヨーグルトをレンジで1分間加熱して人肌にすることで腸を温めます。ただし、加熱しすぎると乳酸菌が死んでしまうので注意してください。

また、リンゴは塩分を排出するカリウムを含むだけではなく、体を温める効果も。リンゴもレンジで1分間、またはフライパンでソテーしてからヨーグルトに入れればより効果UPが期待できます。 そして、杜仲茶は利尿効果も!
(詳しくはこちらhttps://www.tochu-club.com/category/metabolism/post8.html

- 昼 -
【温】おなか、腰、足首にカイロを貼る。※夏場はいずれかひとつでOK !
【排出】ナッツをデスクやバッグに常備しておき、小腹がすいたらつまめるようにしておく。
【排出】温かい杜仲茶かレモンスライスを浮かべたレモンティーでこまめに水分補給。

たくさんの臓器や血液が集まっているお腹や腰を温めることで効率的に全身があたたまります。カイロが上半身に集中するとのぼせやすくなるので、心臓から遠い足首にも貼りましょう。

お腹がすくとつい、チョコやスナック菓子など味の濃いものを食べてしまいがち。手の届く場所にナッツを置いておくことで、小腹がすいたらすぐにつまんで、空腹を落ち着かせることができます。ナッツはビタミンEを多く含むので老廃物排出にも効果的。 また、レモンにはリンゴと同様、カリウムが多く含まれています。そのままでは食べづらいですが、レモンティーだと飲みやすいですよね。

- 夜 -
【排出】食中に杜仲茶を飲む。
【排出】炭酸のお風呂にゆっくりつかる。

血液やリンパの流れを良くしてくれる炭酸入りのお風呂は、余分な水分や老廃物を体の外へ排出。市販の入浴剤でももちろんOKですし、クエン酸と重曹に好きなアロマオイルを加えてオリジナルの炭酸バスボムをつくるのも楽しいですね。

<炭酸バスボムの作り方>
用意するもの
・重層、クエン酸、少量の水
・カップ、ボール、スプーン
・ラップ

1.重層2カップとクエン酸1カップをボールに入れて、ざっくり混ぜます。
2.少量の水を少しずつ入れて混ぜ、丸くまとめられる程度にしっとりさせます。
3.サランラップにくるんでぎゅっぎゅっと丸めます。
4.1~2日しっかりと乾燥させたらできあがり!
※アロマオイルで香りづけをする場合は、使う直前にオイルを垂らせば香りが飛びません。
※焼き菓子の型などを使うと、かわいい形のバスボムができますよ。


いかがですか? 体を温め、水分を排出する簡単習慣を日常生活に取り入れるだけで、自然とむくみにくい体へと変化していくはず。シンプルなルールですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。




自分のむくみタイプが分かる!むくみタイプチェック

ページトップへ戻る