むくみを理解して、毎日パンパンの自分にサヨナラする!

むくみを理解して、毎日パンパンの自分にサヨナラする!

「朝起きたらなんだか目が腫れぼったい」

「フェイスラインがぼやけて太って見える」

そんな多くの女性を悩ませる"むくみ"。
慢性化してしまって、もはやむくみなのか脂肪なのかよくわからない、という人も少なくありません。本来はもっと小顔で目もパッチリなのに、むくみでそれが隠れてしまっているとしたら...。すごくもったいないですよね。脚も同じ。むくみが原因で太くなっているのかもしれません。
では一体、むくみはどのようにして起こるのでしょうか。


「人の体の60%は水分」というのを聞いたことがあるのではないでしょうか。
この60%の水分のうち、3分の1が細胞の外、残りが細胞内の水分です。そして、細胞と細胞の隙間には「間質液」が存在し、この液は毛細血管から染み出して、栄養や酸素を届けたり、老廃物を静脈に戻す役割があるのですが、何らかの原因で血管から染み出る量と戻る量のバランスが崩れてしまうことがあります。その時に過剰な水分が皮下に溜まった状態こそがむくみの正体。
この溜まった水分を排出することこそが、むくみ解消への近道なのです。



そのフェイスライン、原因はむくみ?脂肪?簡単セルフチェック!


フェイスラインのたるみや太い脚の原因がむくみにあるかどうか気になるところ。
さっそくチェックしてみましょう!

◆ 顔のむくみチェック!
(1) 耳の上の皮膚がつまめる
(2) 朝起きたらまぶたが腫れぼったい
(3) 朝起きたら顔に枕の跡が残っている

◆脚のむくみチェック!
(1) すねの内側を指で数秒押し、離すと白くなってあとが残る
(2) ふくらはぎの内側を指で押すと凹みがなかなか元に戻らない
(3) 靴下のゴムのあとがなかなか取れない

上記のいずれかに当てはまれば、それはむくみの可能性大!
解消すれば、シャープな小顔や美脚を取り戻せるかもしれません。

また、むくみは生活習慣が原因で起こることも。以下の項目に当てはまる人は注意が必要です。

(1) つい甘いものを食べてしまう
(2) 塩辛い食べ物を好んで食べる
(3) 仕事で座りっぱなし、立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢でいる
(4) ほとんど運動をしない
(5) 喫煙している
(6) 慢性的な睡眠不足



食生活でむくみを改善。摂るべき食品はこれ!


食生活からアプローチするのもむくみ改善には効果的。
以下の食品を積極的に取り入れてみましょう。


【カリウム】
むくみの主原因となる体内に増えすぎたナトリウムの排出を促進し、体内の水分量を一定に保つ働きがあります。
カリウムを多く含む食品
・ あさり
・ アボカド
・ ドライフルーツ
・ ほうれん草
・ 海藻など

【サポニン】
利尿作用によって体の余分な水分と悪玉コレステロールを排出させる働きがあります。
サポニンを多く含む食品
・ 大豆
・ きゅうり
・ ごぼう
・ スイカ

【クエン酸】
血液やリンパの流れをスムーズにします。
クエン酸を多く含む食品
・ 梅干し
・ れもん
・ お酢

【ゲニポジド酸】
利尿ペプチドと呼ばれるホルモンを増加させると考えられ(動物実験より)、血管を広げて血流を良くしたり、排尿を促進する働きのある成分。
聞きなれない言葉ですが、それもそのはず。ゲニポシド酸が含まれる食品はとても稀なのです。

先に挙げた食品はどれもむくみ解消に効果的ではありますが、毎日摂るのはなかなか難しいもの。でも杜仲のお茶なら、水やジュースの代わりに飲むだけなので、手軽に取り入れられ、毎日適量を飲めば、余分な水分を体から追い出して健康的にむくみを解消できると考えられます。

むくみを解消すればフェイスラインがはっきりして、目もぱっちり。イキイキと若々しい印象に。さらに、すらっとした美脚も夢ではありません。
杜仲の力であなた本来の美しさをぜひ取り戻してください。

自分のむくみタイプが分かる!むくみタイプチェック

ページトップへ戻る